2018年

2018年のポケモンカードスクフェスを振り返ります。


・1月

 修論で忙しく特に何もなかったはず。

当たったUR:初期編梨子

・2月

 中旬くらいに修論から釈放される。カブトプスメガバトルに3人でデンジュモクフーパLOを持ち込んで優勝してしまう。月末にはぬんさん主催の合宿に参加した。

 スクフェスではバレンタイン編の曜ちゃんがめちゃくちゃ可愛いくて欲しかったけどでなかった。

当たったUR:ハロウィン編花丸 不思議の国編梨子 初期編絵里(シール)

・3月

 毎日日本橋か梅田か京都でポケモンカードをする日々。月初めにシティリーグ大阪に参加。「持ってるどのデッキ使ってもマッシブーンに勝てへんやんけw」と前日の夜に悟ったのでデンジュモクフーパを使用。もう少しましなデッキ選択があったと思うが最低限のラインである勝ち越しには成功した。月末のチャンピオンズリーグ名古屋では念願の(?)配信卓デビューを果たす。戦績はルガゾロを使って7勝2敗、少し自信がついた。

当たったUR:なし

・4月

 社会人になってしまう。新人研修のため寮に投獄されてしまい練習時間が全く取れない。チャンピオンズリーグ京都では名古屋の時とほぼ同じルガゾロを使うもマッチング、引き運に見放され2勝3敗でドロップ。

 5周年記念無料11連ガチャで運を使い果たしてしまい真姫ちゃん誕生日のBOXガチャに挑戦するも残り24になるまでURが出ずキレながら課金した。

当たったUR:ハロウィン編ダイヤ 天使編梨子 タイムトラベル編曜 限定真姫 料理編真姫 人魚編真姫

・5月

 三重県に引っ越す。大型大会も自主大会も特になく、地獄の1人回し大会を始める。

当たったUR:なし

・6月

 日本代表決定戦とAqoursのライブが被ってしまい発狂する。勝ち残ることを信じて連番を断り、ルガゾロを使って初日の予選は8勝2敗で突破するも決勝トーナメント1回戦でマッシブーンに当たってしまい負け。今でもああすればよかったと色々後悔することはある。

当たったUR:なし

・7月

 レギュレーションの変わり目でとりあえずXYで強かったデッキをSMにチューニングする。車の教習所に通い始めた。

当たったUR:人魚編千歌

・8月

 お盆以外は教習所に通う日々。特になし。

当たったUR:浴衣編鞠莉 水着編にこ 

・9月

 チャンピオンズリーグ東京に参加。ルガゾロを使って5勝3敗。3敗のうち2敗は知り合いなので気持ちはまだ楽ではあるが自分が最後まで残れなかったのは素直に悔しかった。SM初期に自分が考えていたタイプのルガゾロがベスト16に残っており、どうして自分はその型を信じきれなかったのかと病んだ。

当たったUR:なし

・10月

 月初めに教習所を卒業しじわじわ残業が増え始めて1人回しの時間が減る。トレーナーズリーグだけはちまちま出てポイントを稼ぐ。

当たったUR:水着編2絵里

・11月

 ウルトラシャイニーが発売されてウルネクが完全にピッカピカになる。流通量がこんなに増えて値段が下がるとは予想外でもう少し待てばよかったなあと今さら思う。11月は自分の中でレックウザブームが巻き起こり大阪大学の学園祭の大会とシティーリーグで使用し、それぞれ4勝1敗と3勝2敗。負け試合はしっぷうどとうの落ちが悪すぎた(レックウザGXとレスキュータンカが2枚落ちた)、ズガドーン相手にカプ・コケコ♢がサイド落ちした、サーナイトキュウコン相手に初手から2連続でやぶれかぶれを撃ってもしっかりサーナイトとハチマキキュウコンを完成されたとどうしようもないものばかりだった。一応トレーナーズリーグ完走。

Aqoursの4thライブに両日現地参加し、感情を破壊された。現地ガチャ教に入信する。

当たったUR:フルーツパーラー編海未

・12月

 Guilty Kissのファンミーティングとチャンピオンズリーグ新潟の日程が被ってしまう。ギリギリまで悩み続けてAqoursの4thライブで夢を追いかけてほしいと言われたことを思い出し、新潟行きを決めた。11月のブームのままレックウザを使う予定だったが直前に対ジラーチサンダーサンダースに勝てるか不安になってしまい、結局ルガゾロを使用することにした。結果は5勝3敗で、6戦目までは5勝1敗の完走できるペースであったのに残りの2戦はほとんどドローゴーで何もせず負けてしまったので完全に萎えてしまった。デッキ選択を迷ってしまったのでデッキが応えてくれないのもしょうがないと割り切ることにした。

 月末に三重県ポケカ勢のグループLINEに入れてもらった。これからはこっちの練習会にも積極的に参加する予定。

 リアルが不幸な分(?)スクフェスの運はよく、有効なURが当たる。また経験値10倍キャンペーンのおかげでついにランクが400になる。全部フルコンはどう頑張っても無理なのでもう『やり残したことなどない』と思う。

当たったUR:スクユニ善子 職業編ダイヤ クリスマス編絵里 動物編真姫(シール) テニス編花陽(シール)


以上です。

2019年シーズンも折り返しとなり、現在のcspは155です。どこかで一発当てないと世界大会には出られない気がしていますが、やれるだけのことはやるつもりなのでこれからも練習に付き合ってください。

今年一年、ありがとうございました。


2017年までのスクフェスのユニット

あけましておめでとうございます。

そんなことより黒澤ダイヤさん、お誕生日おめでとうございます。

実家で暇すぎるのとせっかくの区切りのタイミングなのでスクフェスのユニットの記録とこれからのガチャの方針の確認をしようと思います。


☆スマイル

μ's

f:id:jinn8823:20180101215054p:plain

Aqours

f:id:jinn8823:20180101215215p:plain

スキルレベルはスコアアップUR3年生3人と海未ちゃんUR4、ブーケ編のにこと初期SSRにこが3でそれ以外は1です。3年生に偏りつつある中で3年生用のセンタースキルが当たってるのは運がいいですね。BiBiに寄せるか3年生に寄せるかは微妙なところですがセンタースキル用にくノ一編のにこ、BiBiのスコアアップのUR(推しで言えば真姫ちゃんだけど3年生の数が増えるにこかえりちのほうがいい説がある)が当たると嬉しいですね。


☆ピュア

μ'sAqours兼用

f:id:jinn8823:20180101215253p:plain

スキルレベルは星座編真姫ちゃんと花陽が4、凛ちゃんと花丸とプール編真姫ちゃんが3でそれ以外は1です。BiBi限定しか引いていないんですがピュアのUR1枚しか当たらずシールによる交換と補助チケで1年生のスコアアップが固まってくれました。雪山編の穂乃果はクールのチア編の凛ちゃんにした方がいいかもしれません。このまま1年生で固めた方が良さそうなのでセンタースキル用にテニス編の花陽か動物編のヨハネ、クレヨン編の真姫ちゃんがほしいです。


☆クール

μ'sAqoursほぼ兼用

f:id:jinn8823:20180101215140p:plain

スキルレベルはURのスコアアップ4人が4、初期編の真姫ちゃんが3でそれ以外は1です。Aqours用のときはSSRのえりちを曜ちゃん(スキルレベル3)に変えたり変えなかったりします。動物編真姫ちゃんが強すぎる以外の感想がありません。その弊害としてBiBi以外のクールのURの受け入れを拒否してしまい、数々のUR(夏祭りことり、職業編ことり、晴着編穂乃果、フラワーブーケ編海未ちゃん、初期編梨子)が犠牲になりました。フルーツパーラーの海未ちゃんと曜ちゃんで2年生ユニットほぼできてましたね。この場で懺悔します。今後欲しいURはもちろんBiBiのスコアアップです。あと人魚編の真姫ちゃんが引ければクールのUR真姫ちゃんコンプリートだからそこも欲しいですね。


☆まとめ

どのユニットにも出張部員がいるのでまずはそこを解消したいですね。

スマイルとクールは今まで通りBiBi限定勧誘、ピュアは1年生限定勧誘を狙うことになりそうです。Aqoursの曲はAqoursメンバーが増えた方がタップしたときのスコアは上がるからAqoursの勧誘もした方がいいんですけどね…… 勧誘チケット分くらいはAqoursに回すことにします。

補助チケはUR勧誘に使いたいところではありますが希望の属性かつ希望の学年or所属ユニットかつスコアアップとなると弾ける確率があまりに低すぎるのでスキルアップ勧誘に使うのがいいのでしょう。ただ軒並みスキルレベルが上がってきてURママを引けても1発でスキルレベルが上がるということもなくなってきたのが辛いところです。


以上です。

今年も文句言いながらもずっとスクフェスしてると思いますがどうぞよろしくお願いします。

ぼくのかんがえたさいきょうのどらふとVer.7

新規カードと枚数が変化したカードに〇をつけました。大きな変更点としてはSRが抜けて音響戦士が入りました。また、エクストラのカードを1人あたり18枚行き渡るようにして2回に分けてピックを行うことにしました。

続きを読む

第6.1回じんドラ結果

何回目かカウントしていないのでver.6のプールの1回目ということで第6.1回ということにしました。これからもこういう形式でカウントします。デッキリストの管理と順位の記録です。

 

続きを読む

ぼくのかんがえたさいきょうのどらふと ver.6

新規カードと枚数が変化したカードに○をつけました。ジェネクスと征竜が抜けてEMEmが入りました。もちろんマスタールール3です。

続きを読む